医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、超早期がんCTC検査(リキッドバイオプシー)が出来るクリニックです。PET、CT、MRIなどでは、3㎜以上の大きさになるまで発見できませんが、3㎜以下でも発見が可能です。一方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は、がんに効くことは注目されています。最近の研究では、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の投与により、がん幹細胞は育ちにくい環境に追い込まれていると言われています。再発・転移の原因として近年提唱されているのが、がん幹細胞仮説である。がん幹細胞仮説は、腫瘍組織中にも、正常組織と同様な幹細胞が存在し、それらは自己を複製する能力を持つとともに、少数存在するだけで元の腫瘍組織と同様の腫瘍を形成する能力をもつことが示されてきている。さらに、がん幹細胞は抗がん剤や放射線への抵抗性を有しているため治療の際に残存しやすく、再発・転移の原因となっていると考えられている。したがって、がん幹細胞を標的とした治療法を確立することで再発、転移のリスクの少ないがん治療へとつながることが期待される。そのためには、がん幹細胞の性状を理解することが重要であるが、その存在比率が低く、また現在のところがん幹細胞のみを分離する方法がないため、がん幹細胞の性状解析は非常に困難である。現在では、正常組織幹細胞の濃縮、分離方法を応用してがん幹細胞研究が進められており、がん幹細胞を標的とした治療法の探索・マウスモデルでの治療の段階まで研究が進んでいる。しかし、固形がんにおいては、分離、濃縮方法の確立もまだ不十分であり、がん幹細胞研究はまだまだこれからの研究領域である。

脂肪由来幹細胞を培養した時に得られる培養上清液を中心とした診療を受ける事が可能です。培養上清液に含まれる豊富な成長因子とサイトカインが様々な症状の緩和に効果的です。

●培養上清液に含まれる成長因子
■EGF(上皮細胞成長因子)
①新しい皮膚細胞創生によるシワの予防と解消、傷口の回復
②肌を滑らかにして若々しくする

■TGF-β(トランスフォーミング成長因子)
①細胞の分化、誘発などの老化を防ぐ
②肌のテクチャーを改善(エラスチン・コラーゲンに関与)し若々しい肌を保つ
③傷跡を残さず修復する因子

■TGF-α(トランスファーミング成長因子)
①コラーゲンとエラスチンの構造を強化する事で肌の弾力性を増す
②肌の成長を促進し、傷の治癒を促進する
③新しい細胞を生産する事でシワを防止、改善する

■IGF-1(インスリン様成長因子)
①新しい皮膚細胞創生によるシワの予防と解消
②皮膚感触を良くし顔やボディーの無駄な脂肪を燃焼させる
③毛根を刺激し髪の毛を強くする

■PDGF(血小板由来成長因子)
①損傷を受けた皮膚細胞の再生を促進する
②コラーゲンの合成を促進しシワを改善する
③育毛を促進する

■VEGF(血管内皮細胞成長因子)
①毛根へ栄養を運ぶ事で発毛を促進する
②肌にエネルギーを与え肌つやを改善する

●培養上清治療の患者様の声
○アトピー性皮膚炎
かゆみが治まり皮膚症状も緩和し血液検査でアレルギー値が低くなりました(30代女性)
○2型糖尿病
2年間にわたり通院してきたが血糖値、A1cの値が下がらなかったのが投与後すぐに正常値まで戻りましたGLU250→122 A1c9.8→5.5(50代男性)
○脳梗塞
脳梗塞により半身麻痺で、ベット上生活でしたが、治療開始2年で車の運転も可能になりました。(60代男性)