リキッドバイオプシー

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックは、がん検診、がん治療の専門部門を設けた医療機関です。がんが怖くない社会を創出していくことが、当医療法人のミッションでもあり、「がん」についての不安を安心へ変えていく医療を実現する医療機関でもあります。

「今は健康ですが、がんだけは心配」という声はよく聞こえてきます。PET検診で異常がないと言われたのになぜ?がんが出来たのか?手術は終わったが、なぜ再発したのか?病院でのがん治療の経過が良くわからないまま、これ以上治療はできないと言われた、なぜ?

医療法人悠健ドクターアンディーズクリニックでは、こういう寄せられた質問は少なくありません。では、まず、がん検査のCTCについて話してみましょうね。ステージ1になる前の微細がんであってもCTC検査(血中循環腫瘍細胞:Circulating Tumor Cell)を用いたリキッドバイオプシー(液体生検)で、早期に発見、そして治療を行うことができます。従来のPET-CTや腫瘍マーカー検査では見つけることのできなかった微細がんであっても当院のCTC検査で見つけ出します。進行がんや、転移がんの患者様では、がん細胞が血液中に入り、体内を循環していることが知られています。

このような転移の過程で血管内に侵入したがん細胞を「CTC:Circulating Tumor Cells(血中循環腫瘍細胞)」と言い、CTC検査は血液中を循環しているがん細胞を直接検出する方法です。

従来の画像検診では発見のできない微細がんも検出可能なことから、がん検診やがん治療経過の判定まで幅広く活用しています。当院では、様々な画像検査や腫瘍マーカーなどと組み合わせてCTC検査を行う事で、より高い精度での検査を可能にしました。

従来の画像検査でがん細胞が見つかる大きさは約5mm以上であり、その大きさになるまでに10年近く要すると言われています。リキッドバイオプシーでは約1~2mmの微細がんも発見することができるため、がんのリスクを最小限に抑えることが可能となります。

がん細胞は本来、上皮細胞の特徴を有していますが、悪性度の高いがん細胞では、上皮細胞としての形態や周囲細胞との細胞接着機能を失い、移動し、他の組織内に入り込む能力を得る「上皮間葉転換 (Epithelial – Mesenchymal Transition: EMT)」という現象を起こします。これはがんの「転移」と「再発」という、がん治療の最も重要な課題に深く関与する現象であると考えられています。 CTCを1個でも検出したらがん発症の疑い、がん転移の可能性があるといえます。

詳しくは