がんは、早期発見すれば、さほどこわい病気ではなくなりました。早めに発見して、対処しましょう。
超早期がんを発見する検査に、CTC検査というものがあります。CTCとは、血液の中を流れるがん細胞のことです。血液のがん以外の、がん患者の血液の中には、微小ながん細胞が存在していて、その微細ながん細胞のことをCTCと言います。CTCの数値を測定する検査をすることによって、がんを早期発見することができます。画像検査では確認できない微細ながんを見つけることができるのです。そしてより早期に治療を行うことができます。

CTCが「がん幹細胞」である場合、抗がん剤で死滅しないので自己免疫細胞治療、遺伝子療法、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法で治療することができます。そもそも、私たちの体というものは、がん細胞が発生しても、免疫という仕組みで、がん細胞が増殖する前に排除されています。排除が追い付かなくなると、がんが発病します。
また、がん細胞が発生しやすい体環境があります。よって、がん治療に適した食事療法をすることも大切です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。31年の歴史のある当クリニックは、地域医療貢献をはじめ、国内外から多くの患者様が来院されています。

がんの治療についてお悩みの方は、是非一度、当クリニックにご相談ください。
https://soukiganhakken.jp/