~体内に入り込んだ異物を排除する仕組み~
体の中で、自分の体の細胞ではないものを異物と呼んでいます。異物は、例えば、ウイルスや細菌です。もともと、体には、そのような異物が入ってくるのを防いだり、入ってきた異物を排除したりして体を守る抵抗力が備わっています。そのような体の仕組みを免疫といいます。
免疫という仕組みで、中心的な役割を果たすのは、血液の中にある免疫細胞の一つである白血球です。白血球と、白血球に異物の情報を伝える役割をする樹状細胞をまとめて、免疫細胞と呼んでいます。
免疫には、生まれつき備わっている自然免疫と、生きていく中でさまざまな異物と接触することで得られる獲得免疫とがあります。自然免疫は、異物の種類に関わらず反応しますが、獲得免疫は異物の種類ごとに異なった反応をします。

~各免疫細胞の特徴~
自然免疫では、白血球の種類の中でも、NK細胞は異物に攻撃を与えます。
獲得免疫では、B細胞は異物に個別に働く抗体を作って、異物を無害化したり貧食されやすくしたりしますし、T細胞は、サイトカインと呼ばれる物質をつくり、B細胞に抗体をつくるように促したり、ほかのT細胞による異物の排除をしやすくしたりします。
そして、自然免疫でもあり、獲得免疫でもある、NKT細胞は、T細胞とNK細胞の両方の働きを併せ持ち、素早く異常細胞を発見して攻撃します。

~私たちの体の中で起こること~
私たちの体は、体の中で発生したがん細胞を、免疫という仕組みにより、異物と判別して排除しています。けれども、免疫が弱まった状態であったり、がん細胞が免疫から逃れる術を身につけて、免疫にブレーキをかけて免疫を弱らせることにより、がん細胞を排除しきれないことがあります。免疫細胞療法とは、私たちの体の免疫と強めることによって、がん細胞を排除する治療法です。

ドクターアンディーズクリニックでは、がん免疫療法を行っております。
https://soukiganhakken.jp/all/meneki/

免疫細胞療法ことを詳しく知りたい方はご相談ください。