慢性疼痛
変形性関節症は、多くの方が悩んでいる慢性疾患の一つです。関節の軟骨が損傷を受けることによって炎症や変形、ひどくなると強い痛みが生じます。
変形性関節症の治療は、薬や湿布で痛みを軽減させるか、もしくは手術。マッサージ等で痛みが緩和したという話も聞きます。そんな中、新しく加えるべく治療に、幹細胞培養上清治療などの再生医療があります。再生医療では、今まで治らなかった病気が治せるかもしれないという可能性が出てきております。

~幹細胞上清治療とは~
人間の体にはもともと修復する能力が備わっています。その能力の元になるのが幹細胞です。幹細胞を培養した上澄み液には、サイトカインと呼ばれるたんぱく質が含まれており、サイトカインには、体内の損傷を受けた組織や細胞を回復させる機能があります。そのような効果がある幹細胞培養上清液を、関節内へ注射で注入します。注入した部位では細胞分裂が活発になり組織の再生が行われることが期待されます。
変形性関節症は、痛みを緩和するか、手術を受けるかの、二者択一を迫られることが多く、手術を受けたくない人や手術を受けることができない人は、痛みを我慢していくしかなかったですが、幹細胞培養上清治療という新しい選択が増えることになり、治療の幅が広がりました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://soukiganhakken.jp/lp/baiyoujyousei/
お問い合わせはこちらから。
https://soukiganhakken.jp/contact/