現在、日本において、がんによる死亡者は年間30万人を超え、死亡原因の第1位を占めています。現代において、がんは不治の病ではなくなっているので、がんが早期に発見できれば、治癒率はぐんと上がります。ただし、症状が出るようながんは早期ガンとはいえず、症状がないうちに、定期的に検査することが大事です。

当院で扱っている、がんのリスク検査を下記にご紹介します。
・血中循環遊離早期がん(CTC)検査
・消化器がん マイクロアレイ血液検査
・大腸がんリスク検査
・すい臓がんリスク検査
・乳がんリスク検査 
・他も多数

以上は全て採血検査となります。がんは、定期的に検査し、早期発見、早期治療が望ましいです。

◆各検査
https://soukiganhakken.jp/all/exam/
◆お問い合わせ先
https://soukiganhakken.jp/contact/