ドクターアンディーズクリニックでは、幹細胞培養上清液の体内への投与による腰痛や膝痛の慢性疼痛等の治療を推奨しています。まず、幹細胞培養上清液について説明いたします。そもそも幹細胞とは、体の中に皮膚や血液のように寿命が来ては生まれ変わり続ける細胞のことをいいます。人の中にあるそれらの幹細胞を培養液の中で培養し、そのとき出来る上澄み溶液、それが幹細胞培養上清液です。この幹細胞培養上清液には、サイトカインというタンパク質が豊富に含まれていて、サイトカインには体内の損傷を受けた組織や細胞の機能を回復する働きがあります。
よって腰痛や膝痛のような慢性疼痛にも効果があり、そして老化などにより衰えた細胞も回復する働きをしてくれるので、老化や美容に対しても効果が期待できます。なお、培養液は感染症のリスクを低減しています。また、投与する培養上清液は、フィルタリングにより滅菌処理されております。

幹細胞培養上清治療では、下記のような効果が期待できます。
・障害部位の治癒そくしん、疼痛軽減
・動脈硬化性病変の改善・EDの改善
・肝障害・間質性肺炎
・自己再生能力の誘導効果
・シワやたるみの改善と増毛
・がん細胞の増殖・転移の抑制
・疲労回復・生活習慣病予防
・アレルギー疾患・自己免疫疾患改善
・脳梗塞・脊髄損傷

詳しくはこちら。
https://soukiganhakken.jp/lp/baiyoujyousei/