ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、30年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。
様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生を送るための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら、最先端の医療技術で皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。ドクターアンディーのもう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、コロイドヨード療法「一般社団法人日本臨床研究安全評価機構倫理審査委員会(AMED:国立研究開発法人日本医療研究開発機構 / 厚生労働省・文部科学省 研究倫理審査委員会報告システム登録IRB番号18000005)において、承認(管理番号20180828-01)を受けております」、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC、高濃度プラセンターなどの補助療法のほかに、エクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。がんへの集学的療法の一環としては、今回は食生活によるガン体質改善についてお話します。

米国がん研究財団の「がん予防15ケ条」とは

1.植物性食品を基本とし、多様な食べ物を食べる。
2.標準体重(体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=18.5~25)の維持。
3.運動の継続(1日1時間の速歩、週1時間の活発な運動)。
4.四季を通じ野菜・果物を1日 400g~800g。
5.多種類の穀物、豆、根菜類を1日600g~800g。精製した砂糖を控える。
6.アルコールは控えめ。日本酒なら1日1合。
7.赤身の肉は少なめ1日80g。できれば魚で摂るように。
8.総脂肪や油は抑えて。動物性脂肪を控え、植物油も控えめに。
9.食塩、塩蔵物は1日6g以下に。日本人の平均は、10g~13g/日。
10.食品の貯蔵はしっかり。かびを抑える。
11.保存は低温で。冷凍や冷蔵庫に。
12.食品添加物や農薬残留に注意。
13.黒こげの食べ物は食べない。
14.栄養補助剤に頼らない。この予防を守る人には不必要。
15.たばこは吸わない。

がん体質改善(食生活改善)の目的と効果

「がんに負けない(住みにくい)体づくり」を目的とした食生活改善指導を実践

目的
1.細胞の微細環境を酸性からアルカリ性に変える
2.がん細胞に活動のための兵糧をなるべく与えない
3.がん細胞に成長促進のための物質を与えない
4.がん細胞に脂肪酸を合成させない
5.細胞環境を悪化させる炎症を鎮める

効果
ステージⅣのがん患者さんでも劇的寛解例が続出
1500人中、2~3割の300~450人の患者さんが劇的寛解(年々、治療効果が向上)

がん体質改善(食生活改善)のコンテンツ
ルール1:炭水化物は精製されていない玄米などから取る
ルール2:塩分はなるべく控える
ルール3:たんぱく質は大豆などの植物性のものや青魚で取る
ルール4:野菜、果物、きのこ類をたくさん取る
ルール5:脂質は、えごま油、アマニ油などのω-3系の油で取る
ルール6:牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品は控える
ルール7:牛肉、豚肉、加工肉のほか、硬化植物油などの人工油は控える
ルール8:梅エキスを積極的に取る

がん治療による改善例
1.乳がん・広範肝転移・鎖骨部リンパ節転移 58歳/女性・広範な転移巣が10ヵ月で消失。乳がんリンパ節転移の診断後、数ヶ月間の抗がん剤治療を行うが、肝臓に100箇所、鎖骨部のリンパ節に転移。当院にて食事療法を併用した結果、肝転移が消失し、鎖骨部も改善した。

2.肺がん再発 64歳/男性 肺がんの広範な転移巣が8ヵ月で消失・2年前、右肺切除手術を受けた後、再発。縦隔(両肺基部)リンパ節への広範な転移と第3腰椎骨転移と診断され、当院を受診。地元の病院での抗がん剤治療と当院が指導する食事療法により、8ヵ月後に殆ど治癒。

3.乳がん肝転移 38歳/女性 肝臓の巨大な転移巣の治癒に成功。右乳がん切除手術を行うも、術後3年半で巨大肝転移が発覚。食事療法とマイルドな化学療法の併用にて、約3ヶ月で転移したがんが消失、全快した。

4.悪性リンパ腫  75歳/女性 副作用により化学療法を中止。食事療法主体の治療で、がんが消失。2011年4月、公立病院において腹部腫瘤にて開腹生検。B細胞リンパ腫と診断。約1年間の化学療法(リツキサン)の後、2012年2月にPET/CT診断。大動脈周囲リンパ節腫大が累々と認められたほか、腹腔内にFDG集積、腫瘍が多数認められた。その後、抗がん剤の副作用により化学療法を中止。食事療法を主体とした経過観察に移行したところ、2013年2月、腫瘍がすべて消失し治癒に至った。

5.胃癌・全摘後多発肝転移  66歳/男性 肝動注化学療法と食事療法の併用により、多発転移巣が半年で消失。・2012年4月、胃癌の全摘出手術を行い、1年後にPET検査を受診。肝臓全体に2.4cm大の転移巣の多発が認められ、肝臓に直接抗がん剤を投与する肝動注化学療法を実施し、同時に食事療法を開始する。2013年10月、再度PET検査を受診したところ、多発肝転移が消失。その他の部位にも異常を認めず、完治に至る。

その他のがん治療食を紹介します。

がん治療食 済陽式食事療法

がんを防ぐ8箇条
1.限りなく減塩(ほぼ無塩)
2.四足動物は食べない
3.野菜・果物をたっぷり摂る
4.胚芽を含む穀物と豆類を食べる
5.ヨーグルト・きのこ・海藻を食べる
6.レモン・はちみつを摂る
7.油はオリーブ油かごま油
8.水はミネラルウォーター(自然水)

1.限りなく減塩
魚介類や海藻に含まれるもので十分。調味料による塩分は不要
※漬け物、塩蔵品、練り製品やハムなどの加工品の使用禁止
2.動物は食べない
※がんの発生・悪化を促す要因 3.野菜・果物をたっぷり摂る
抗酸化物質 ポリフェノール フラボノイド カロテノイド ビタミンC 葉酸
◎発がんの要因となる活性酸素を除去する働き
消化力・免疫力を高める
3.野菜・果物をたっぷり摂る
がんを抑制・改善するには細胞のミネラルバランスを整えることが不可欠
減塩+カリウムを補う(生の野菜・果物の摂取)
ジュースにする
野菜と果物4、5種類を組み合わせ(青汁)
一日1.5~2リットル目安
4.胚芽を含む穀物と豆類を食べる
主食となるごはんは、玄米や胚芽米、パンなら全粒小麦で作ったもの
大豆は良質なたんぱく質の供給源
豆腐、納豆など大豆製品を食べましょう
5.ヨーグルト・きのこ・海藻を食べる
乳酸菌の働きで悪玉菌を撃退
ヨーグルトの摂取…一日300g
免疫力賦活物質を取入れる
きのこと海藻の摂取
6.レモン・はちみつを摂る
体内のミネラルバランスを適切に保つ
減塩と並んでクエン酸回路が健全に機能することが重要
砂糖の代わりにはちみつを
7.油はオリーブ油か、ごま油
なるべく油は控えるが、使うのであれば酸化しにくい良質な油を使う。トランス脂肪酸にも注意
8.水は自然水・ミネラルウォーター
清浄な環境の自然水を飲む。できればナチュラルミネラルウオーター
10年間における食事療法の治療成績  済陽医師の成績です。

前立腺がんに有効な食材
トマト→ポリフェノール・リコピン
大豆→イソフラボン

ゲルソン式食事療法
【必要な食べ物】
・野菜と果物
・ジュース(オーガニック)
・ヒポクラテススープ
・オートミール
※ヒポクラテススープ:セロリ、トマト、玉ねぎ、にんにく、じゃがいもなどを洗い、皮はむかずにサイコロ状に切り、鍋に入れて水をひたひたになる程度加えて約2時間火にかける。その後、中身をフードミルなどを使って細かく砕き、野菜の繊維と皮だけがかろうじて区別できるまでにする。このスープは朝作って飲み、冷蔵庫にしまっておいて夕方と夜に飲んだり、余分に作っておいて翌日に飲む。
【時々なら食べていい物】
・全粒ライ麦パン
・キヌア(雑穀:ご飯の代用)
・とうもろこし
・さつまいも、山芋の類
・メープルシロップ、はちみつ、未精製黒砂糖(1日小さじ2杯まで)
【禁止の食べ物】
・塩、ナトリウム
・油、脂肪(亜麻仁油以外)
・たんぱく質(動物性たんぱく質、ナッツ、種子、大豆、豆類)
・加工食品(缶詰、冷凍食品、箱入り食品、瓶詰、レトルト、調理済み食品、コンビニ食、外食)
・乳製品
・アルコール
・パイナップル、ベリー類
・きゅうり
・芳香酸が多いスパイス
・大豆
・乾燥豆
・アルファルファスプラウト(発芽物)
・アボカド
・海藻類
・ハーブ(オレガノ、バジル)
・今は玄米も(砒素などが多く検出されるようになった)

詳しく貴方に合った食事療法については、




までお問い合わせください。