令和元年5月1日から、コロイトヨードは、新たにDr. Andyが院内で調剤する「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」に代わりました。当院のDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法については、さらなる治療効率を独自に追求するため、当院オリジナルの処方により「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」を院内で調剤して患者様の治療に供することとしました。また、点滴に用いる製剤に関しては、必ず事前にエンドトキシンの検査を実施しております。

希釈:飲まれる際には、原液を市販のミネラルウォーターで1:9の割合に薄めてお飲み下さい。通常の水道水は、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素水の特徴を損なうので、お使いにならないで下さい。原液のまま飲まれても結構ですが、過剰に栄養補給されてもヨード水は体外に排出されますので、希釈してお飲みになることをお薦めします。
例:50ccの原液に対して国産ミネラルウォーター450ccを足して下さい。

予防、栄養補給の目安として、上記10倍希釈液を1回30cc程度、1日朝夜の2回程度お飲みになることをお勧めします。Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素を栄養補給する上では、空腹時に飲用されることが効果的です。Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素が栄養補給されて、甲状腺に集まり留まる時間は2時間程度です、目安として2時間以上の間隔をあけて、飲まれることをお勧めします。

例:体調維持の栄養補給の目安として朝起きて直ぐの1日に1回程度。
例:体調が優れない方の栄養補給の目安として朝・夜1日2回程度。
例:特に体調が優れない方は栄養補給の目安として朝・昼・夜の1日3回程度。 

病気治療目的の用量の目安

朝食・昼食・夕食の30分前(空腹時)に原液30ccずつ、就寝前に40ccを飲用して下さい。重症の場合は、2時間おきに30ccを1日8回飲まれることをお勧めします。がんステージによって原液の使用量に差があります。(通常10cc~30cc)ヨードは、最大2時間しか滞留しないため、なるべくこまめに空腹時を見計らって飲用すると効果を発揮します。