令和元年5月1日から、コロイトヨードは、新たにDr. Andyが院内で調剤する「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」に代わりました。当院のDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法については、さらなる治療効率を独自に追求するため、当院オリジナルの処方により「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」を院内で調剤して患者様の治療に供することとしました。また、点滴に用いる製剤に関しては、必ず事前にエンドトキシンの検査を実施しております。

ヨードは甲状腺に吸収されるハロゲン元素です。それ以外の身体の管理下にある細胞はハロゲン元素を必要とせず、尿中に排出されてしまいます。しかしガンなどの異常細胞(管理下の細胞でないもの)は必要元素であるヨードを積極的に取り込みます。取り込まれたヨードは細胞内で分解され、ヨード本来の毒性を発揮し細胞を分解してしまいます。その後は破壊された細胞のタンパク質などと結合し再び無毒化ヨードとなり、最終的には尿中に排出されます。

もう一つの作用として、無毒化ヨードは血中を流れている時に、弱った細胞を活性化する性質があります。Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は分子レベルでの解析から、他の物質に比べ身体の隅々に届きやすいと言われています。甲状腺から出る各種ホルモンが活性化されると同時に、弱った正常細胞もヨードによって活性化されます。Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は異常細胞を破壊して体外に排出し、血液の流れを良くし、新陳代謝を促進します。その結果、ガンや白血病やエイズ/HIVに有効なだけでなく、生活習慣病、例えば糖尿病、高血圧、脳梗塞、喘息、認知症など多くの病気に対して、予防・治療効果が期待されます。

また、ヨードが新陳代謝を促進することから、美容にもプラスになると言われています。このように期待の大きいDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素ですが、今は飲料水であり、保険適用外なので代替医療の域を出ていません。