「大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)は、エイジングケアに効果的」

このように美容への関心が高い方にとって、大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)はよく知られた治療法です。
しかし、「実際どのような治療になるのか」「オゾン療法とはどのようなものなのか」そういった細かいことまでご存知の方は意外に少ないのです。

そこで今回は、初心者の方でも分かりやすいように大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)について詳しく解説していきます。

オゾンは安心かつ安全な分子

オゾンは安心かつ安全な分子
血液クレンジングなどのオゾン療法で使用されているオゾン、まずはこのオゾンについて簡単にご説明します。
オゾンは市街地よりも森林や海岸などに多く存在する傾向があり、大気の消臭、除菌などの役割があります。

消臭効果としては、悪臭の元を分解してくれるのでニオイが戻る心配がありません。
除菌効果においては、菌の細胞膜をオゾンが破壊して核を死滅させるため耐性菌が生まれる恐れが少ないのが特徴です。

上記のような消臭・除菌後でも残留物を出さないため、人体だけでなく環境にも優しい分子といえるでしょう。

オゾンの使用は多岐に渡る

オゾン療法は歴史が古く、1914年の第一次世界大戦頃から外傷治療に用いられてきました。
オゾンの消臭、除菌効果だけでなく脱色効果などにも注目され、今ではさまざまな産業で用いられています。

魚介類や野菜など生鮮食品市場における殺菌
水族館やプールなどの殺菌
医療機器や手術室の殺菌
冷蔵庫や冷凍庫、冷凍室などの脱臭
食品工場や染色工場の排水の脱色

注目すべきはオゾン治療

オゾン水やオゾン化オイル、オゾンガスなどオゾンをさまざまな形にして、現在ではオゾン治療が行われています。
その一例をご紹介します。

■オゾン水……歯科領域における消毒・火傷や皮膚感染の治療
■オゾン化オイル……皮膚疾患、皮膚真菌症の治療
■オゾンガス……潰瘍、瘻孔(ろうこう)、直腸炎の治療

さらに、関節や筋肉内に投与することで関節炎、リウマチ疾患やリウマチ性疾患、癌の治療に、皮内や皮下に投与することで鎮痛効果や循環障害の治療に用いられています。

大量自家血オゾン療法とDr. Andy's Iodine LF ヨウ素治療

なぜ、大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)を行うのか?

今回はDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)をご紹介します。 Dr. Andyが以前アメリカ留学の時、湾岸戦争の時に駐ドイツ米軍医(解毒班)のDr. Samuelに教わった治療方法です。Dr. Samuelは現在は帰国し、St Louisで病院を営んでいます。 Dr.Andyはキレーションをはじめ、大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)を教えてもらいました。

オゾン療法の仕組みを簡単に説明すると、オゾンガスの中に血液を入れ、血液をサラサラにします。血液をサラサラにすることでその血液が体の隅々まで酸素を運びます。そうすることで体の中に酸化ストレスが加わり、体が本来持っている酸化力や免疫力を高められます。これはドイツの医療で、当クリニックの治療と他院の治療を比べると下記のようになります(病気を対象にする治療です)。
大量自家血オゾン療法の説明

当院 他院
オゾン濃度(μg/ml) 70~80 20〜40
血液採取量(ml) 1,000~1,200 50~100
体内に入るオゾン量(μg) 70,000~100,000 1,000~6,000

オゾンの量が他のクリニックよりも多くなっていますが、このオゾン量の違いはすぐに効果に現れてきます。

全国から末期がんの患者様が救いを求め、たどり着く六本木にある「医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック」。Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法や大量自家血オゾン療法など、治療成果の高い先端医療を導入しています。

がん治療の背景

2012年の日本の死因別の死亡数は、がんが36万1000人で、1981年から第1位をがんが占めており、約2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死亡するという現実に直面しています。しかしながら、がんはいまだ画期的な治療法が見つかっていないのが現状です。
従来のがん治療というと、外科手術や化学療法、放射線治療などです。しかし、これらの治療では思ったような効果を得ることができず悩まれている方が少なくありません。

日本では、手術、放射線治療、抗がん剤治療の三大治療が主流で、がんに罹患された方の約85%がこの三大療法を選択します。しかし、アメリカでは8%、さらにはカナダにおいては3%のがん患者しかこれらの治療法を選択していない現実があります。手術をすることで他の組織にがん細胞が散ってしまうリスクもあり、放射線治療を行うことでクラッシュシンドローム(破壊症候群)という現象を引き落とし、組織破壊が進み免疫力が低下します。抗がん剤は元気な細胞を区別することなく殺してしまう場合もあり、いずれもがんを根本から治療させることはできないのです。

当院では、がん免疫細胞療法、がん遺伝子治療ならびにもう一つの選択肢であるDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素による治療法をご紹介しております。副作用が少なく、がん化した細胞に効果的といわれるDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素についてご紹介します。

統合医療とDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法

現代医療においては、薬の薬効に期待した『対症療法』が中心に行われておりますが、人間が本来持っている免疫力を高め、また自然治癒力を引き出す『根本療法』あるいは『原因療法』が注目されています。Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は新陳代謝機能を活性化し、免疫力を高め自然治癒力を引き出す効果が非常に高いです。
Dr. Andy's Iodine LF ヨウ素治療とは
Dr. Andy's Iodine LF ヨウ素が作用する病気

がん細胞もエクソソームを分泌します。エクソソームから出てくるマイクロRNAは、がんの発生・転移と関係すると証明されました。最近のDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の研究【Expression of miR-100 and RBSP3 in FTC-133 cells after exposure to 131I. (Nucl Med Commun 2014 Sep, 35(9):932-8)】によりますと、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素がこのエクソソームから分泌されるマイクロRNAの機能を鈍くさせるようです。そのため、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の効果が注目されています。

当院のDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療とは?

人間の体内には細胞の生命力となるエネルギーを作り出す32種類の必須ミネラル・金属元素と、それとほぼ同数の微量ミネラルと微量金属元素が存在しています。ヨード(ヨウ素)は元素です。コロイド化学とはこれらの物質を極細かくし、生物細胞が利用できる大きさに変換する化学です。自然な状態では、これらの物質はコロイド状で細胞に供給されますが、現在では化学的にコロイド状物質を生成することが可能になりました。
ヨード(ヨウ素)は体内では約50%が甲状腺に存在し、その他の50%は各臓器に保管されています。そして、ヨウ素が主原料である甲状腺ホルモンは新陳の促進、栄養分の吸収、エネルギーを作る働きをするため、体になくてはならないホルモンの⼀つです。
Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は ヨードが持つ毒性をなくし細胞が利用できるようにしたものです。

※コロイド状とは
分子より大きいが、普通の顕微鏡では見えない状態で直径10-9(10のマイナス9乗)~10-7(10のマイナス7乗)m程度の粒子が気体、液体、固体中に分散している状態。

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の優れた効能

多くのがん患者さん(ほとんどが末期)やその他の疾患の患者さんが、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療で明らかな改善が見られます。また、これまでのがん治療にみられるデメリットとしての副作用が少ないのもDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療の優れた点と言えます。最近では、より多くの医師がDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の効能に関心を抱き、医師、医療関係者による使用例も増え、がん、血管障害、その他の病状の治療に対し驚くべき回復結果を出しています。

■外科手術のデメリット
身体へのダメージが大きく、他の場所にもがん細胞があると再発の可能性がある
■化学療法のデメリット
単独では完治できず副作用を伴うことが多い
■放射線治療のデメリット
放射線が効きにくいタイプのがんもある

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療の優れた点

Dr. Andy's Iodine LF ヨウ素治療の優れたポイント

上記のように、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素はがん細胞のみを殺すことができ、正常細胞を傷つけないうえ、活性化させます。さらに副作用も少なく、耐性や体内での蓄積性もありません。一方、抗がん剤等に対しては、がん細胞は耐性を持つようになります。また、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は体内での蓄積性もありません。体内での作用時間は2時間であり、その後は尿とともに体外に排出されます。そのため 2時間おきの服用が望ましいですが、体内での蓄積性がなく、安全性が高いと言えます。一方、抗がん剤は種類にもよりますが、体内から安全に排出されるのに2年程度が必要であると言われています。

治療中の副反応

・発熱
・皮膚の湿疹など
・下痢
・リンパ節の腫れ
・局所の疼痛
・腫瘍マーカー値の急激な上昇

治療中には上記のさまざまな副反応が起こることがあります。全身的な発熱は、とくに注射による治療を行った際に、また、局所の疼痛はがんのある箇所で起こります。しかしながら、これらの副反応は一時的なもので、時間の経過とともに軽減・消失します。腫瘍マーカー値の急激な上昇は、腫瘍細胞が一気にたくさんの数壊れた際に、がん細胞が持っている腫瘍マーカーが一気に放出され、これが血液の中に入ることで起こることによるもので、ときに値は一気に3倍から5倍上昇します。これらは副反応であり一時的なものです。時間と共に軽減したり反応が出なくなったりするので心配することはありません。日本ではDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療についてあまり知られていませんが、アメリカや韓国などではすでにさまざまな実績が報告されています。

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の投与方法

1.内服

・がん、難治性疾患、その他疾患全般
・末期がんを含む各種がん、血管障害(脳・心臓など)、自己免疫疾患、アレルギー疾患、ウイルス性疾患(エイズを含む)、てんかん等の脳疾患、糖尿病、腎臓病、その他難治性疾患

2.注射・点滴

・がん、難治性疾患、その他疾患全般
・末期がんを含む各種がん、血管障害(脳・心臓など)、自己免疫疾患、アレルギー疾患、ウイルス性疾患(エイズを含む)、てんかん等の脳疾患、糖尿病、腎臓病、その他難治性疾患

治療の流れ

Dr. Andy's Iodine LF ヨウ素治療の流れ

院長の実体験

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は他にも効果が期待できるため、先日風邪を引いたときにDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の希釈液を内服したところ、普段は1週間程度引きずるのですが2日程度で回復しました。改めてDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の有効性を確認しました。

患者様の声

がん治療を行っていましたが抗がん剤も放射線治療も思ったように効果がえられず、知人にDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素を勧めてもらい、大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)と点滴を数ヶ月試してみました。すると、各腫瘍マーカーの数値の改善が見られました。初めは信じられませんでしたが、身体の調子も良く、このままDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療を続けていければと思います(50代男性)
ハードワークで身体の免疫が低下しているのか、風邪を引きやすかったり体調を崩しやすくなりました。Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素が体に良いという話をネットで見てDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素を内服してみることにしました。すると風邪を引くこともなくなり、日々健康的な生活を送れるようになりました。今でも定期的に服用するようにしています(30代女性)

よくある質問と回答

Q:多くの方が、1日30ml、2時間おきで8回の内服をしています。内服量を多くすれば早く治りますか?

A1:身体が利用できるDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の量は、決まっています。多く服用したところで、無駄になってしまいます。「1日30ml、2時間おきで8回」がMAXと考えてください。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法の効果が現れるのは、平均どのくらいでしょうか?

A:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の効果は早い人で、自覚症状として2~3日です。もちろん個人差はあります。多くの場合、1ヶ月で何らかの変化を感じ取れると思います。血液データ、画像診断による変化は最低1ヶ月と思われます。 治療をスタートして3ヶ月で改善が見られない場合は、残念ながら効果はないものと考えられます。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法が特に強いがん、あるいは弱いがんはありますか?

A:一般的に述べるのは非常に難しいことですが、胃がん、肝臓がんなどに強いです。また、肺がん(特に腺がん)は最近、著効例が出てきています。膵臓がん、胆嚢・胆管がんは、劇的な効果を得たケースはあるものの、依然として難しいがんであることに変わりはありません。また、乳がんは前述のとおり、ケースバイケースであり、治療効果の差が激しいのが現状です。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の味はどのようなものですか?誰でも飲めますか?

A:美味しいとはいえません。渋いというか苦いというのが正しいでしょうか。抗がん剤治療の副作用で、味覚が変化している患者さんには、問題なく飲めるようです。今まで、飲めなかった方はいらっしゃいませんでした。飲みにくい場合は、水で薄めることをお勧めしています。水道水は、塩素が入っているためヨードと反応してしまい、ヨードの効果を弱めてしまいます。ヨード服用後、味のついたものを飲みたい場合は、最低5分ほど時間をあけてから飲むことをお勧めします。

Q:抗がん剤などの病院の治療と、サプリメントとの併用はできますか?

A:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は、他の治療法の邪魔をするものではありません。サプリメントも特に問題ないと考えています。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法は、一生続けるのですか?

A:そんなことはありません。がんが治ったらやめてよいです。ただし、がんになる前の生活を見直し、改善できる点は改善しましょう。 また、再発の可能性がないわけではありません。定期的に検査を受けるようにしてください。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、温熱療法、オゾン療法、フコイダン療法などを組み合わせることも多いようですが、併用すると効果が出るのは、どのような場合ですか?

A:各療法とも、がんを攻撃する作用機序が異なります。どうしなければいけないということは一切ありません。患者様とご相談し、納得できる治療法を決定したいと思います。

Q:Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法ができないケースはありますか?

A:ヨードは甲状腺に取り込まれるため、甲状腺機能に異常がある場合は、慎重に使わなくてはなりません。甲状腺機能を正常化させる治療が優先されます。

Q:日本人はヨードをたくさん取っていると言われているが、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素を取り入れることで甲状腺の病気になるなど身体へのリスクはないか?また、ヨードの毒性をなくしたというのはどういうことか?

A:日本人は海藻などを好んで食べるため、ヨードを過剰に摂取しがちと言われています。ご質問にあったように、コロイド状にしたヨードを体内に取り入れることで甲状腺の病気になると言うことは考えにくいです。体内の蓄積性もなく、副作用も少ないので安全性が高い治療法と言えます。ヨードの毒性をなくしたというのは、ヨウ素はそのままだと身体への刺激が強すぎてしまうため、水素と結合させることで体内に安全に取り込める状態にする必要があり、その状態にしたものがDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素ということです。

料金について

大量自家血オゾン療法:¥100,000〜
Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素:¥100,000〜
※各種税別となります。
※がんの進行具合や患者様の状況により異なります。詳細はクリニックまでお問い合わせください。

大量自家血オゾン療法をお申し込みいただいた方に、高濃度ビタミンCとその他ビタミン点滴治療、水素酸素吸入を無料で提供させていただきます。

医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックについて

医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。免疫細胞療法のほか、遺伝子療法、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンCなどの補助療法を行っています。また、エクソソーム・核酸療法などの最先端の臨床学会発表と論文の勉強も行っています。31年の歴史のある当クリニックは、地域医療貢献をはじめ、国内外から多くの患者様が来院されます。がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。

最後に

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法と大量自家血オゾン療法(血液クレンジング)は、短期間での治療効果が期待できますし、外科手術などの三大治療の副作用軽減にも利用できる治療法です。今のがん治療にお悩みの方、新たながん治療を試みたい方、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療に興味がおありの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お電話・LINE・WeChatでのお問い合わせはこちら

がんのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせはこちら