347
これまでがん治療は手術治療、化学療法、放射線治療の3つが基本的な選択肢でしたが、2014年に日本でも認定された新薬「オプジーボ」によって新しい可能性が確立されました。
「オプジーボ」は一般名を「ニボルマブ」とする免疫チェックポイント阻害薬で、かつてない薬効でがん治療の領域に光明を投げかけたのです。

通常の抗がん剤などとは全く異なる薬効や、そのメリット、デメリットについてご紹介しましょう。
https://soukiganhakken.jp

「オプジーボ」とはどのような薬なのか

がん治療薬として生まれた「オプジーボ」は、一般的な抗がん剤とは根本的に違う発想から生まれた薬品です。
抗がん剤の常識は「癌細胞を攻撃して殺傷・抑制する」もので、ある程度進行したがん患者に対しては腫瘍の縮小や延命が目的で運用されてきました。

しかし、「オプジーボ」は違います。
オプジーボの機能は人間がもともと持っている免疫機能をがん細胞に対して高め、効率的な攻撃を可能にするのです。健康な人物であっても毎日がん細胞は生まれており、それを免疫細胞が継続的に監視し、攻撃を加えて知らず知らずのうちに体を守っています。それでもなおがん細胞が増殖するのは、がん細胞に免疫T細胞の攻撃を阻む「PD-L1」というたんぱく質が内包されているからです。
「PD-L1」は免疫細胞が細胞の有害性を判断する機能を阻害する抗体として働き、免疫機構の攻撃手であるリンパ球の「PD-1」と結合して攻撃を免れます。これをがん細胞の「がん免疫逃避機構」と言います。

オプジーボの別名は「ニボルマブ」「免疫チェックポイント阻害薬」もしくは「抗PD-1抗体」であり、がん細胞の免疫逃避機構を阻害して免疫T細胞の攻撃を有効にする治療薬なのです。
https://soukiganhakken.jp

「オプジーボ」のメリットとデメリット

348
新薬オプジーボには多くのメリットがあります。メリットとしては以下の項目があります。

・がん治療の身体への負担を軽減できる
・手術が適用できない末期がんにも対応できる
・複数の治療薬を併用すれば生還率が劇的に上がる
・体力がない患者でも利用できる
・化学療法や放射線療法が適用できない患者でも利用できる

などなど、新薬オプジーボには注目されるだけのメリットがあるわけです。
その一方でデメリットについても正しい認識が欠かせません。以下の項目をよく読んでいただきたいと思います。

・体質によっては効かないケースもある
・身体全体に免疫亢進状態が起こる可能性が高い
・副作用として致命的な肺炎、腸炎、甲状腺機能異常などが起こる可能性がある
・薬価が非常に高額である
・皮膚がん以外の領域では検証の途上である

これらのメリット・デメリットを詳しく知って、他の治療法や抗がん剤と比較した上で利用なさることをおすすめします。
体質に合っているか、効果が出る可能性がどれほどのものなのか、よくよく医師とご相談なさってください。

Dr.アンディーズクリニックは女性の健康や美容を重点的にサポートしていますが、免疫機能の強化はこの領域にも非常に大きな意義を持ちます。
Dr.アンディーは免疫療法に関する研究にも力を入れていきますので、健康や美容、病気でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-10-52-45