がんを早期発見することのメリット3つ

日本では人口の高齢化も要因のひとつとなり、がんの罹患者数とがんによる死亡者数は増え続けています。
年齢を重ねても健康に過ごすためには、一体どうすれば良いのでしょうか。
その答えのひとつとなるのが、がんの早期発見と早期治療です。

がんの早期発見のためにはがん検査が欠かせません。しかし、症状が出ていないとがん検査を後回しにしてしまう方も少なくありません。
そこで今回は、がんを早期発見することのメリットについてお伝えします。
がんの早期発見のメリットを知り、定期的ながん検査に足を運ぼうと思っていただければ幸いです。

がんの早期発見メリット1:生存率を上げる

がんの早期発見メリット1:生存率を上げる

がんの早期発見の大きなメリットとして挙げられるのが、生存率を上げることです。
がん検査は症状がないうちに受けることで、早期発見が可能となるのです。
自覚症状を覚えてからの受診だとがんが進行している可能性が高く、がんの種類によっては命を落としかねません。
しかし、がんを早期発見できれば治る可能性も高いですし、治療法の選択肢も広がります。

さらに早期発見すれば、治療の心身への負担や経済的な負担、家族への負担も少なくなりますし、がんを理由に離職を迫られる恐れも減らせます。
その結果、がんによる「人生への影響」を最小限に抑えられるのです。

また、早期のがんであれば他の部位に転移している可能性も低いので、生存率を伸ばすことができます。医療技術が進歩する現代では、がんが転移する前に見つけることの重要性が再確認されつつあります。

がんの早期発見メリット2:がんになるのを防ぐ

がん検査では、がんの早期発見が期待できるだけでなく、がんになる前段階の病変を見つけられる可能性もあります。

前がん病変や前がん状態ともいわれ、異形成や大腸ポリープ、潰瘍、パジェット病、慢性乳腺症などがあります。
これらの症状が見つかったとしても必要に応じて経過観察や治療をおこなうことで、がんそのものに変化することを防ぐことができるのです。

がんの早期発見メリット3:安心できる

がん検査を受けて「異常なし」といわれれば、現状の健康状態に安心することができます。
また、気になる症状があったとしてもがん検査を受ければ、その際に医師に聞くことができます。がん検査で小さな安心を積み重ねることが、健康を保つ秘訣だといえるでしょう。

がんの検査方法には、さまざまなものがあります。
住民検診や職域検診、人間ドックなどのがん検診を定期的に受けることはもちろん、今では採血によりがんに罹患している恐れがあるか否かを調べるアミノインデックス検査などの検査方法もあります。
がんの早期発見につなげるべく、どれかひとつの検査方法に固執することなくさまざまな方法で自分の健康を診断してみてはいかがでしょうか。

がん免疫細胞療法、がん早期発見、がん予防についての詳しくは、ドクターアンディーズクリニックまで、03-3401-0720

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-11-25-33