健康の要となる腸内フローラとは? 便移植が効果的な理由

近年、健康に過ごすためには腸内フローラに注目することが大切だといわれています。
そうはいわれても「一体なぜ腸なのか」、また「腸内フローラとはどういったものなのか」が分からないですよね。

今回は健康の要といわれる腸内フローラとはどういったものなのか、さらにそれを知ることで便移植(腸内フローラ移植)がいかに優れた治療法なのかをご紹介します。

腸内フローラは免疫機能や生活習慣病予防に深く関係する

腸には100種類以上というさまざまな菌が100兆個以上住み着いており、この様子が植物の群生のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。腸内フローラのバランスが崩れると、便秘やアレルギーを起こしやすくなったり、インフルエンザなどの風邪にかかりやすくなってしまいます。
さらに大腸がんや糖尿病、うつ病、肥満などとの関係も指摘されているのです。このため、がんなどの大きな病気にならないためにも、腸内フローラのバランスを保つことは健康的な生活を送るうえで欠かせません。

腸内フローラは3種類のタイプの菌により構成されている

健康を支える腸内フローラをより理解するには、腸内に住み着いている3種類のタイプの菌について知ることが大切です。それが「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」です、
善玉菌
ビフィズス菌などの乳酸菌に代表される善玉菌は、大腸の運動を促進して有害物質を排出したり、腸内環境を整えたり、免疫細胞を活性化させたりする働きがあります。
悪玉菌
黄色ブドウ球菌や病原性大腸菌に代表される悪玉菌は、食べ物からアンモニアや硫化水素などの有害物質を作り出します。
日和見菌
バクテロイデスや連鎖球菌に代表される日和見菌は、善玉菌と悪玉菌に属することなく中立な菌として腸内に存在しています。

理想的な腸内フローラとしては、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の割合に保つことです。しかし、生活習慣やストレス、加齢などによって、腸内フローラのバランスが崩れやすくなってしまいます。さらに、悪玉菌が優勢になると日和見菌までも腸内で悪い働きをし始めるため、腸内フローラのバランスはより崩れてしまいます。

便移植(腸内フローラ移植)は理に適った治療法

がんの原因となるもの3「動物性脂肪の過剰摂取」

腸内フローラのバランスを取り戻すには、生活習慣を見直すだけでなく便移植といった治療法も有効です。便移植は「便を使用して健康な腸内フローラを移植する方法」なため、体の内側から直接的に腸内環境改善に働きかけることができるのです。欧米では健康な腸内フローラを移植することで、潰瘍性大腸炎や難治性便秘、過敏性腸症候群の治療をおこなっています。
今後は、メタボリックシンドロームや糖尿病、パーキンソン病の治療法にも用いられることが期待されているほどです。便移植なら入院や手術と違い時間がかかりませんし、体への負担も少なくすることができます。

ただし、配偶者や2親等以内の家族の便のみが使用できる点には注意が必要です。

健康を保つには、日常生活においても治療においても腸内フローラに注目することが大切なことをおわかりいただけたのではないでしょうか。腸内フローラのバランスを保つために、まずは栄養バランスの良い食生活や質の良い睡眠といった生活習慣を身につけるようにしてみてください。

ドクターアンディーズクリニックは早期がん発見の専門病院です。がんの早期発見や超早期がん検査、癌治療に関することはお気軽にご相談ください。
http://soukiganhakken.jp/all/new_ctc/

ドクターアンディーズクリニックはがん予防・がん治療の専門病院です。
http://soukiganhakken.jp/new/2948/

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-11-25-33