CTC検査なら画像診断では不可能な小さながん細胞を発見できる!

がん治療では早期発見が大切です。
従来から用いられてきているCTやMRI、PETによる画像診断では、約5mm以上の大きさにならないと発見することができませんでした。

この大きさでは、すでにがんが増殖し始めてから10年近くが経ってしまっています。
それよりも格段に早い段階での発見を可能としたのが、最先端技術によって生まれたCTC検査です。
一体CTC検査とは、どのような検査方法なのでしょうか。

CTC検査とは

CTC検査とは、血液中のCTCを測定する検査です。それにより、画像診断では不可能だったレベルでの早期発見を可能としました。
CTCとはCirculating Tumor Cells(血中循環腫瘍細胞)の略称で、がんが増殖し始めると血液球にこの細胞が存在するようになります。

それを採血によりCTCがどのくらい存在しているかを調べることで、がん細胞がどれほど増殖しているかを推定することができるのです。

CTC検査のメリット

●5mm以下のがん細胞の存在を検出可能
●90%を超える高い検出率
●10mlの採血で済む
●定期的に検査を受けることで早期のがん対策が可能
●がん治療後に検査を定期的に受けることで、1~4年前にがんの再発や移転の恐れがあるかを知ることができる

CTC(遊離がん細胞)検査と自己免疫細胞療法の組み合わせがおすすめ

現在の日本では、CTやMRI、PETと病理診断によってがんと診断されないと、手術や抗がん剤、放射線によるがん治療を受けることができません。
これでは、せっかくのCTC検査の結果が活かされませんよね。

そのような場合におすすめなのが、自己免疫細胞療法です。
自分の免疫力を高める自己免疫細胞療法なら、がんのステージや部位を選ぶことなく前進を対象とした治療ができますし、副作用が少ないといったメリットもあります。
また、抗がん剤が効きにくいといわれる「がん幹細胞」にも有効と思われ、再発や転移を防ぐ手段としてもおすすめです。

CTC検査を受けるには

CTC検査を受けるには

検査希望日の1週間前までに、クリニックにCTC検査を希望することを伝えてください。
当日は検査に関して説明を受けた後、採血に移ります。そして、1週間から10日ほど経ったら医師から検査結果が伝えられるという流れになります。
たったこれだけで、がん発症の恐れがあるかないかが分かるのです。

この先も充実した人生を送るうえで、自身の健康管理はとても重要になってきます。
なかでもがんの早期発見を可能としたCTC検査は、採血のみなので体への負担が少なくて済みます。

そのため、忙しい方でも定期的に検査を受けやすいのも大きなメリットといえるでしょう。
がんに対する不安をお持ちの方は、ぜひ一度CTC検査を受けられてみてはいかがでしょうか。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-11-25-33