がんによる症状4つを知り、がんの早期発見を可能にしよう!

がん予防のため日常生活において食事内容に注意を払ったり、運動不足解消を心がけたり、がんの早期発見に役立つ検査をすることは大切です。
それと同時にがんの初期症状を知ることも、がんの早期発見のうえで欠かせません。

今回は、がんの早期発見のためにも知っておきたい、がんに共通して起こる初期症状をご紹介し、さらに遺伝子検査をおすすめする理由をご紹介します。

がんの早期発見のため見逃せない症状1「普段通りの生活をしていても体重減少が起こる」

「ダイエットや健康管理目的で食事や運動内容を変えていない」
「特に過度のストレスを受けた気がしない」

このように、普段と生活が大きく変わっていないのに体重が減少していく場合は、がんによる影響を考慮しましょう。
がんにより痩せる理由にはふたつあり、ひとつががんによる食欲不振。そしてもうひとつが、がんによるエネルギー消費増大です。
がんの種類によって体重減少に幅は出てくるものの、1~2か月で体重の10%近くが減ってしまった場合は一度医師に相談しましょう。

がんの早期発見のため見逃せない症状2「頻繁な出血」「不自然な出血」

がん細胞が成長するにあたって、新しい血管が作られやすくなります。
ただし、その血管は脆く、食べ物や便の通過といった少しの物理刺激で出血することも珍しくありません。

以下の症状に心当たりがある方は医師の診断を受けるようにしましょう。
 便や尿に血が混じる
 月経周期とは関係なく不正出血が起こる
 痰にうっすらと血が混じる

がんの早期発見のため見逃せない症状3「極度に進行する貧血」

貧血はがんの初期症状のひとつ。女性だと月経の関係で貧血が起こりがちなため、がんの可能性を見逃しやすいです。
貧血の症状としては「体のだるさ」「めまい」「息切れ」などがありますが、がんの場合は自覚症状だけでは気がつきにくいことがほとんどです。
できれば定期的に医療機関で血液検査を受けて、ヘモグロビン数や赤血球数に急激な低下が起こっていないかチェックしましょう。

「年だし疲れやすい」「運動不足で息が切れやすい」
こんな風に考えるのではなく、きちんと体の小さなサインに気付いてあげることでがんの早期発見が可能となります。

がんの早期発見のため見逃せない症状4「腫瘍がある」

がんの早期発見のためには、普段から自分の体を触診することが大切です。
甲状腺がんの場合は首の腫れ、乳がんの場合は乳房にしこり、胃がんや大腸がんなどはお腹にしこりができやすくなります。

痛みもなく短期間でしこりや腫れができた場合は医師の診察を受けましょう。

がんの早期発見のためには、遺伝子検査を受けておくことがおすすめ

がんの早期発見のためには、遺伝子検査を受けておくことがおすすめ

がんの早期発見のためにがんの症状を知ったりがん予防の対策を練るだけでなく、遺伝子検査、テロメアスキャンCTCを受けるのもおすすめです。
自分の遺伝子を知ることでどのような病気にかかりやすいかも分かりますよ。

遺伝子検査にはいくつかの種類があるので、がんに特化したタイプを選べばトータルの検査項目があるものよりも安く費用を抑えることができます。
また、遺伝子検査は一度行えばその結果は生涯に渡って利用できるのも大きなメリット。

がんに関する知識をつけるだけでなく、遺伝検査を行ってがんの早期発見に役立ててみてはいかがでしょうか。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-11-25-33