産後の不調は女性ホルモンの乱れが原因!気を付けたい3つのポイント
出産後のお母さんの中には、抜け毛やむくみ、イライラといった心身の不調に悩まされる方が数多くいます。
その原因のほとんどは、出産後に女性ホルモンが大きく乱れることにあります。

ホルモンバランスが乱れる原因や、ホルモンの乱れと上手に付き合うための方法を知ることで、少しでも症状が改善されるかもしれません。今回は、出産後の女性に起こる不調と女性ホルモンの関係についてお話します。

出産後にホルモンバランスが乱れる原因

妊娠中は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンが大量に分泌されています。妊娠の維持と赤ちゃんの発育のためです。
しかし、出産によって胎盤が排出されると上記のホルモンは一気に減少し、代わりに母乳の分泌を促す「プロラクチン」というホルモンが分泌されるようになります。

この急激なホルモンの減少と新たなホルモンの分泌が産後のホルモンバランスを乱す原因です。
また、慣れない育児によるストレスや睡眠不足など、生活環境の変化もホルモンのバランスを乱す原因になります。

出産後に起こりやすい心身の不調とは

ホルモンバランスが乱れることによって引き起こされる不調は多く、その症状は「抜け毛」「むくみ」「肌トラブル」「貧血」など多岐にわたります。

また、「マタニティーブルー」と呼ばれる産後のイライラや憂鬱感、倦怠感などの精神的な不調もホルモンバランスの乱れによって起こります。

ホルモンバランスを整えるために

産後のホルモンバランスの乱れは、早い場合1ヶ月程度で整いますが、長い場合は1~2年ほど時間がかかる人もいます。
ホルモンバランスを整えるために日常生活で意識したいポイントは以下の3つです。

■日光を浴びる

太陽の光を浴びることはホルモンバランスの調整にとても有効です。
30分ほどの散歩など、無理のない適度な運動を行いながら日光を浴び、自律神経を活性化させましょう。

■バランスの良い食生活

栄養バランスの良い食生活は、女性ホルモンの分泌を促進します。
オススメの食材はビタミンの豊富なバナナやかぼちゃ、大豆イソフラボンを含んだ豆腐や納豆など。
大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働きをすることで知られているので、特に積極的に摂取したい栄養素です。

■ストレスの軽減

ストレスによって自律神経の働きが鈍ってしまうと、ホルモンバランスの乱れに拍車がかかってしまいます。
好きな音楽を聴く、ゆっくりと湯船に浸かるなど、自分に合ったストレスの解消法を見つけましょう。

ウルトラプラセンタ注射でホルモンの分泌を促進

ホルモンバランスの乱れが続き、それがさらなるストレスに繋がってしまう場合はプラセンタによってホルモンの分泌を促進するのも有効です。
プラセンタにはホルモンを分泌する器官に働きかけ、ホルモンバランスを調整する作用があります。

また、ストレスによって乱れてしまった自律神経も調整してくれるため、産後の不調改善に高い効果が望めます。
Dr.アンディーズクリニックの「ウルトラプラセンタ注射」には、通常のプラセンタ注射の約650倍もの効能があるため、ホルモンバランスの乱れでお悩みの方にオススメです。

出産後の女性を悩ませるホルモンバランスの乱れ。生活習慣を見直すことで女性ホルモンの分泌を促し、心身の回復に努めましょう。
慣れない育児によるストレスは一人で抱え込まず、周りを頼って息抜きをするようにしてくださいね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-10-52-45