コロイドヨード治療
今回はコロイドヨード治療(療法)をご紹介します。
従来のがん治療というと、外科手術や化学療法、放射線治療などです。しかし、これらの治療では思ったような効果を得ることができず悩まれている方が少なくありません。

そんな方々にぜひ知っていただきたいのが、コロイドヨード点滴による治療法です。今回は、副作用が少なくがん化した細胞に効果的といわれるコロイドヨード点滴についてご紹介します。

コロイドヨード治療とは?

コロイドヨードとは、「コロイド」と「ヨード」の二つ言葉からできています。
「コロイド」は、細胞が利用しやすいように物質をとても細かく変換した状態です。

一方「ヨード」は、ヨウ素のことを指します。ヨウ素は、エネルギーを生み出したり新陳代謝を促す甲状腺ホルモンの材料となる成分であり、私たちの体に欠かせないものとなっています。ヨウ素という名前に馴染みがないかもしれませんが、「ヨードチンキ」「ルゴール液」などの名は聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。これらは、ヨウ素の強力な殺菌力を用いて作られたものです。このヨウ素を体内に安全な状態で取り込めるようにしたのが、コロイドヨードになります。

コロイドヨード療法(点滴)の魅力

点滴によりコロイドヨードを体内に入れると、私たちの新陳代謝を促して免疫力をアップさせてくれます。
たとえば、免疫力を支えるNK細胞やマクロファージ、キラーT細胞といった免疫細胞が全身でがん化した細胞や病原菌、ウイルスなどを発見&攻撃して、排出しようとしてくれるのです。
抗がん剤等と違いコロイドヨードはこのように体内の免疫力を高めるため正常な細胞を破壊する恐れがありません。
体内で自動的に異常な細胞だけを見つけ出して排除してくれるのが大きな特徴といえるでしょう。なかにはコロイドヨードを体内に入れると、発熱や湿疹、腫瘍マーカー値が上昇したりすることもありますが、これらは好転反応であり一時的なものです。時間と共に軽減したり反応が出なくなったりするので心配することはありません。
日本ではコロイドヨード治療についてあまり知られていませんが、アメリカや韓国などではすでにさまざまな実績が報告されています。

がん治療以外の治療にもコロイドヨード治療はおすすめです

コロイドヨード治療は末期がんを含む各種のがんだけでなく、以下の病気にも効果があるといわれています。

糖尿病
腎臓病
脳や心臓などの血管障害
自己免疫性疾患
アレルギー疾患
エイズを含むウイルス性疾患
細菌感染
てんかんなどの脳疾患
難治性疾患
など

さらに、健康維持のためや病気予防などにも役立ちます。
※甲状腺機能亢進症(バゼドウ病)の方は治療を受けることができません。

コロイドヨード療法は、短期間での治療効果が期待できますし、外科手術などの三大治療の副作用軽減にも利用できる治療法です。今のがん治療にお悩みの方、新たながん治療を試みたい方、コロイドヨード治療に興味がおありの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

コロイドヨード治療に関する問い合わせ