bak_gan
今日、毎年様々なガン患者が増え続け、日本は2人か3人に1人はガンにかかると言われるようになりました。食事が欧米化してきた事や日常でストレスが多いライフスタイルが主な原因ですが、実は遺伝も大きく影響しています。特定のガンになりやすい遺伝子が組み込まれているのです。従来は、バリウム、レントゲン、エコー、CTと腫瘍マーカー血液検査が主な検査や発見方法でしたが、早期でもこの時点ではガン細胞はすでにこの大きさですと、ガン細胞は急速なスピードで細胞分裂を繰り返しあっという間に大きくなります。近年では、大きい病院ではPETという従来の検査より、ガン細胞が小さい段階で発見出来る検査がありますが、この時点でもすでにガン細胞になっています。海外では早期ガン発見の検査はさらに進んでおり、ガン細胞になる遺伝子を持った細胞レベル発見出来る検査が普及し始めています。腫瘍学者として、お一人でも大変な手術や辛い治療を行わなくても、又は負担の少ない段階治療が受けられるように早期ガン検査、予防、治療の方法をいち早く導入致しました。

bak_gan
当院のがんに対する考え方として、がんの早期発見、予防、治療が非常に重要だと考えております。
当院の院長であるDr. Andyは、腫瘍学者として長年がんの研究を行ってきました。特に、全世界で注目されており『第4のがん治療』とも言われている『免疫細胞療法』は、従来の外科手術、放射線治療、化学療法のいわゆる『三大療法』とは異なり、患者様が苦痛を感じることなく治療を受けることが可能な治療法で、ここ10年で認知度も飛躍的に向上しました。Dr. Andyは、この『免疫細胞療法』を含むがんの早期発見、予防、治療方法が今後普及していく考えております。
また、当院ではステージゼロでのがんの早期発見、予防、治療を行っていくために、CTCテロメスキャン、CT-DNAスキャン、他の精密検査、がん補助療法を導入しています。詳細については、がんの早期発見や予防、治療に有効な治療方法と補助療法のメニューをご覧いただければその内容が分かるようになっております。これらの治療方法を取り入れ、患者様が少しでも安心して治療に取り組めるようサポートさせていただきます。
一人で悩まずに一度当院にご相談ください。

29年の歴史のあるDr.アンディーズクリニックのがん予防・がん治療・がん治療補助療法の専門部門です。地域医療貢献をはじめ、国内外から多くの患者様が来院されます。